次は金融機関が連携!「薩長土肥」の波が広がる

shutterstock_134066510

鹿児島県、山口県、高知県、佐賀県は、「平成の薩長土肥連合」と銘打ち、連携した観光キャンペーンを行っています。

これに倣うかたちで、4県の金融機関が連携する動きが始まりました。

業態を超えた連携は初

連携したのは、佐賀共栄銀行(佐賀市)、南日本銀行(鹿児島県)、高知銀行(高知県)、東山口信用金庫(山口県)、幡多信用金庫(高知県)の5つの金融機関です。

地銀、信金の業態を超えた連携は初とあって、注目を集めています。

協働で商品開発などを実施

この連携により、地方創生戦略の支援や、商品開発などを協働で行うそうです。

将来的には、他の金融機関の参加も視野に入れるとしています。

また顧客の相互紹介や、人材交流なども行われるそうで、連携によりどのような効果があるかに期待が寄せられます。

【募集中】茨城県北ローカルベンチャーラボ2019ー地域おこし協力隊の制度を活用した起業支援




関連記事一覧