1080坪のドローン専用練習場、宮城県大和町に4月オープン

shutterstock_360798107

ドローン、欲しいです。

でも、実際に買ったとして、そもそもどこで飛ばせるの? 誰にどのように許可を取れば良いの? どこで練習すれば良いの? など色んな疑問があります。そんな時、このプレスリリースを見つけました。

宮城県にも、ドローン専用練習場ができます。

ドローン専用練習場、宮城県大和町に4月オープン

メディア事業を手掛ける、株式会社ファナティック(所在地:宮城県仙台市、代表取締役:石田一浩)は、宮城県大和町にドローン・マルチコプター専用練習場「ブーメラン」を2016年4月にオープンする予定です。

同社は、ドローンを自由に飛ばしてみたい人や、条例規制により無人機の研究が進まない方々のために、なんと約1,080坪の敷地を用意。

人数限定の会員制によって、運用を開始する予定です。

なぜ、ドローン専用練習場を作ろうとしているのか?

ファナティックさんは、自社事業拡大のためにドローン導入を検討したそうです。

しかし、実際に飛ばそうとすると、公共エリアでの規制が厳しく、自由に練習やテスト飛行ができる環境がないことに気付きました。狭い場所での飛行も、危険。どうすれば良いのか・・・

「場所がないなら作ってしまえ!」

ドローンの操縦技術を高めるためにも、ビジネスモデルを試行錯誤するにも、飛ばす場所はどうしても必要です。「近所にないのであれば、自分たちで作ってはどうだろう」という事で、弊社では計画をスタートさせました。

□出典:ブーメラン宮城

そこで確保した場所が、東北自動車道の大和インターチェンジから4キロ、宮城県大和町落合にある1,080坪の空き地。

9771_KEQrSMhjJI

ここであれば、自由にテスト飛行が可能。

ただ、折角の広い場所。自分たちだけで使うのは、勿体無い。それに・・・

9771_QRRRyOipge

というわけで、今回のドローン・マルチコプター専用練習場「ブーメラン」のオープンに至ったようです。

ここは、多くの人が自由にドローンを楽しめるように、ドローンの飛行技術を磨けるように、ドローンを活用した新たなビジネスが生まれるように、そんな願いを込めて準備中の施設です。

ルールを守って、みんなで楽しもう

9771_rSkiGDeucM

この場所でも、航空法に定められた飛行ルールを守る必要があります。

オープン後も、きちんとマナーとルールを守って利用してくださいと同社は伝えています。

ドローンがつくる、未来

様々な分野で期待されている、ドローン。

法整備と並行して、このような場所が、より豊かな社会をつくる新しいサービスの起点となることを願っています。

尚、「ブーメラン」の利用は人数限定の会員制となります。会員希望の方は、ファナティックさんのホームページから登録可能です。詳細はホームページをチェックしてみてください。

□ホームページ:
ドローン専用練習場-ブーメラン宮城

□プレスリリース提供元:
ValuePress

関連記事一覧