三重県と百五銀行が移住促進で連携を決定!

shutterstock_161784542

自治体と金融機関が連携し移住促進に取り組みます。

連携したのは、三重県と、三重県を中心として展開する地方銀行の百五銀行です。

移住者を対象とした住宅ローン

今回の連携により、百五銀行が移住者を対象とした住宅ローンを設けます。

また県外店舗で三重県の魅力をPRするポスターを展示することも行い、情報発信の面でも連携していくといいます。

移住者のためには行政だけでの対応は難しい

人口減少や、それに伴う産業の低迷など、地域が抱える課題は多いのは現状です。

そんな中、解決策のひとつは移住・UIJターンの促進ですが、行政だけの仕組みでは難しい場合も多くあると考えられます。

どのように民間と連携し、移住後の支援拡充などをおこなっていけるかが重要でしょう。

【募集中】茨城県北ローカルベンチャーラボ2019ー地域おこし協力隊の制度を活用した起業支援




関連記事一覧