宮城の「ずんだ愛」がスゴい。お餅の食べ方ランキング

shutterstock_314649083

日本人が大好きなお餅。

秋田出身の私は、砂糖醤油で食べるのが好きです。みなさんは、どんな食べ方が一番好きですか?

お餅の食べ方は様々で、地域によっても人気の食べ方は異なりますが、特に宮城県は異質な存在です。

宮城の「ずんだ愛」がスゴい。お餅の食べ方ランキング

Zunda-mochi

RECIEPOが全国で行った調査によると、お餅の食べ方として「醤油に付ける」と答えた人は約7割で、全国1位。そして、全国どのエリアでも最もポピュラーな食べ方だそうです。ただし、一部の地域を除いて。

その例外となっている地域が、宮城県です。

「醤油をつける」は全国どのエリアでも最もポピュラーな食べ方となっており、投票者の出身地域別の好みで見ても宮城県を除いて1位(同率1位を含む)でした。なお、宮城県では「ずんだ餅」が1位で、同県出身の方の投票のうち78.8%と約8割を占める結果になりました。

□出典:RECEIPO

宮城では、ずんだ餅が圧倒的に強い。宮城県民のずんだ愛、スゴい。

お盆には欠かせない、ずんだ餅

ずんだの原料は、枝豆。

枝豆の収穫期が夏であることから、ずんだ餅はお盆のお供え物として作られていた郷土料理だそうです。そのせいでしょうか、あの綺麗な緑色はどこか涼しげですね。

今では1年中楽しめる、ずんだ餅。お土産にもオススメです。

□こちらの人気記事もチェック↓
美味すぎてマツコが4杯飲んだ、仙台「ずんだシェイク」

関連記事一覧