ふるさと納税者と知事とのディナーショーが開催 – 佐賀

shutterstock_76330468

佐賀県でユニークな取り組みが行われました。

ふるさと納税で佐賀県に高額納税をした方を対象に、知事との食事を楽しめる催しが開催されました。

どのような催しだったのでしょうか。

2015年度は5億4千万円に躍進!

shutterstock_21041806

佐賀県へのふるさと納税をみてみると、2012年度は1588万円にはじまり、2013年は3032万円、2014年は4488万円と堅実に増加しています。

注目すべきは、2015年度の伸びです。

返礼品に佐賀牛などの県産品を多数加えた効果があり、申し込み数が急激に増加しました。

その結果、12月末時点で5億4144万円が集まっています。

50万円以上を寄付した方と食事会

今回の催しは、50万円以上のふるさと納税を行った方を対象に、知事との食事をしながらの歓談の場として設けられました。

対象者となった13人のうち、5人が参加。

会場となったホテルニューオータニ佐賀で、県産アスパラガスや有明海・玄界灘産の魚介類、佐賀牛、有明鶏など県自慢の食材を楽しみながら、知事との会話を楽しんだと言います。

県政に声を届ける機会になる可能性も

知事はその県の顔であり、広告塔だという自治体も多いと思いことと思います。

一方で、そんな知事は多忙であり、県内にもあまりいないことも多いのではないでしょうか。

ましてやゆっくりと会話ができる機会は稀です。

今回の場は、県へのふるさと納税額が50万円以上とあって、佐賀県への想いが強い方々が集まったと推測されます。

直接声を届ける機会として、継続的に良い場になることが期待されます。

関連記事一覧