ふるさと納税でアニメスタジオ見学!多摩市の返礼品が話題! – 東京

shutterstock_168161747

ふるさと納税の返礼品といえば、地域ごとの特産品が目立ちますが、東京都多摩市がユニークなふるさと納税の返礼品を開始し、話題になっています。

その返礼品とは、「アニメ制作スタジオ見学」。

なぜアニメスタジオ?

世界名作劇場とのコラボレーション

ラスカルimage by araiguma-rascal.com

返礼品のタイトルは、「ふるさと納税 ラスカルプラン」です。

内容は、日本アニメーション多摩スタジオの特別見学と、「世界名作劇場」シリーズの複製画がセットになったもの。

日本アニメーションは、1975年の創業時から多摩市和田でアニメ制作を続けています。

近年、「あらいぐまラスカル」が多摩市内の各種イベントに応援キャラクターとして登場するなど、連携が始まっていました。

今回のふるさと納税もそのひとつとなります。

対象は7万円以上の寄付

こちらの返礼品の対象となるのは、多摩市に7万円以上を寄付した方で、多摩市外在住限定となっています。

スタジオ見学は、ふるさと納税一口につき2名まで。

見学は、アニメ制作工程や原画、往年の機材の紹介・見学、作画体験、16mmフィルムでの作品上映など(約2時間)に参加することができます。

返礼品のひとつである、「世界名作劇場」シリーズ作品の複製画は、A3サイズで額付きとなっており、その豪華さにも注目です。

ファンは見逃せない!

ふるさと納税では、様々な返礼品が話題を集めていますが、多摩市のように地域に根ざした企業と連携し、縁のあるお返しを用意することも、地域資源の発見に繋がる動きだと考えられます。

今後も、どのような返礼品が登場するか注目ですね。

関連記事一覧