• HOME
  • MACHI LOG
  • 奈良県
  • 日本の保存技術を世界へ!奈良文化財研究所が東南アジア圏とネットーワーク設立 – 奈良

日本の保存技術を世界へ!奈良文化財研究所が東南アジア圏とネットーワーク設立 – 奈良

shutterstock_297595064

東南アジア圏で出土した木製遺物の保存処理技術の確立に向け、国際ネットワークが設立されることになりました。

日本から参加するのは、奈良文化財研究所と京都大学生存圏研究所です。

ネットワークには、インドネシアやタイなど5カ国の国立大学や政府機関が参加します。

奈良文化財研究所は、文化財の保存・修復・整備を行う研究所

shutterstock_178161950

このネットワークに参加する奈良文化財研究所は、タイで出土した木造船の保存処理に協力するなど、海外でも文化財の保存などに協力する日本の機関です。

独立行政法人国立文化財機構の一部門となっており、文化財を総合的に研究するための機関となっています。

全国各地や世界の貴重な遺跡や遺物を守り、それらを活用するための基礎となる、文化財の保存・修復・整備に関する研究にも力を入れており、国際連携も盛ん。

日本では、東日本大震災の復旧・復興事業に伴う埋蔵文化財発掘調査への協力も行っています。

新たな保存技術の確立が目的

今回のネットワーク設立の目的のひとつは、新たな保存技術の確立です。

東南アジアの樹木は、高温多湿の環境で育っているため、従来の日本の薬剤が浸透しにくく、木製遺物の保存の課題となっていました。

そこで、ネットワークを設立し、東南アジア諸国の樹木研究のデータも活用することで、新たな保存技術確立を目指します。

この試みが、技術革新や人材育成に繋がることが期待されます。

PR for こゆ財団(宮崎県)
地方×求人:地域の未来を創る起業家10名・10事業を募集!
世界一チャレンジしやすいまち
宮崎に移住して、
地方の課題を解決する。
10のプロジェクトで、
10人の起業家を募集中!

関連記事一覧