日本で1番人口が少ない新幹線の駅がある町が誕生! – 青森

hokkaidoimage by ja.wikipedia.org

2015年3月26日開業予定の北海道新幹線。

新幹線開業に合わせて「奥津軽いまべつ駅」が誕生します。

津軽半島の北端に位置する町に、新幹線駅開業への期待が集まっています。

過疎化に悩む3000人の町が期待!

shinkansenimage by town.imabetsu.lg.jp

青森県今別町は、深刻な過疎化が課題となっています。

人口は3000人。

新幹線の駅がある町としては日本で最も少ない人口です。

だからこそ、新幹線駅開業を最大限に活かし、町おこしに繋げたいという思いがあります。

既に、様々な試みが動き出しています。

男女で踊る郷土芸能「荒馬」や「いまべつ牛」などを使った町のPRや、2020年の東京オリンピックでは、モンゴルのフェンシングチームの事前合宿誘致に成功しました。

奥津軽いまべつ駅に止まるのは、北海道新幹線の上下各13本のダイヤ中、7本。

今別町の魅力を、国内外に発信する機会として存分に活用されることが期待されます。

参照サイト

北海道新幹線「奥津軽いまべつ駅」開業PRサイト

関連記事一覧