初の登録はワインに落語? 現在19市町村が宣言中の 「ふるさと名物応援宣言」

MACHI LOG 編集部


地方のリアルを伝えるMACHI LOG

shutterstock_166824164
新たに7市町村が追加され、現在までに全国の19市町村が宣言をしている「ふるさと名物応援宣言」についてまとめてみました。

地域を挙げてふるさとの特産品を支援する「ふるさと名物応援宣言」

中小企業庁が行う「ふるさと名物応援宣言」は、地域ブランド創出の取り組みを促進するプロジェクト。

地域ブランドの創出には欠かせない、地域ぐるみの継続的な取り組みを市町村が中心となり推進していくことで、地域ブランドの育成・強化、さらには地域の売り上げや雇用の増大などを狙うものです。

現在までに全国19の市町村がそれぞれの地域の特産品をもとに “応援宣言” を行っています。

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!