インバウンド展開と通訳案内士−秋田

shutterstock_312091424Twenty-two hours / Shutterstock.com

オリンピックに向け、インバウンド観光(訪日外国人旅行)は更に加速しています。

秋田県でも、体験提案でインバウンド誘致を実現しようと、ローカルベンチャー「トラベルデザイン株式会社(秋田県秋田市)」を中心に、動きが活発になってきています。

さて、外国人観光客が来た際、案内人を求められたらどうしますか?

インバウンド展開と通訳案内士

12239362_10153775615609577_1872753227992184238_o□出典:Concierge, Akita

みなさんは、通訳案内士という存在を知っていますか?

通訳案内士法の規定により、報酬を受けて外国人に付き添い、外国語を用いて旅行に関する案内をする業を営もうとする者は、通訳案内士試験に合格し、都道府県知事の登録を受ける必要があります。2015年4月1日現在の登録者数は19,033人に達しています。(中略)通訳案内士(通訳ガイド)は、単に語学力が優秀であるだけでなく、日本の地理、日本の歴史、さらに産業、経済、政治および文化といった分野に至る幅広い知識、教養を持って日本を紹介するという重要な役割を負っています。

□出典:日本政府観光局(JNTO)

秋田県仙北市で、全国から通訳案内士が集まり、研修が行われました。

全国から通訳案内士30人が集結

通訳案内士の研修会が仙北市内で行われ、全国から約30人が参加し、武家屋敷や田沢湖周辺を巡りました。

通訳案内士は国家資格。研修は国内の地理や歴史に関する幅広い知識を身に付けようと、「全国通訳案内士地域連携研修」として東北、北海道の案内士らでつくる実行委員会が毎年開いており、今回で6回目。本県では初めて。

□出典:さきがけonTheWeb

通訳案内士のような専門家の存在も重要。しかし、人数に限りがあるのも事実です。

全ての秋田県民に、自分たちがもてなすという強い意識を持つことが求められます。でなければ、本気で取り組む他のエリアに勝つのは難しいでしょう。

全県民が、最低限必要なフレーズを英語で話せるようにするぐらいの覚悟は必要かと思います。

関連記事一覧