秋田県民の76.7%は酒に強い?

shutterstock_322686173Michel Piccaya / Shutterstock.com

忘年会シーズンが近づいてきました。

飲み過ぎには、本当に注意です。お酒に強い人と弱い人がいますので、くれぐれも無理にすすめることはないようにしてくださいね。

秋田県人のあるあるで、秋田県出身と分かると「じゃあ、やっぱりお酒強いですか?」と言われます。統計的には、どうも本当らしいのです。

秋田県民の76.7%は酒に強い?

shutterstock_35909470

酒に強いか弱いかということを決める要因の1つとして、「アセトアルデヒド」の分解能力が挙げられます。

アセトアルデヒドと言うのは「悪酔いの原因物質」と言われ、これが体内にたまると顔が赤くなったり、気分が悪くなったりします。これを数種類のALDHが酢酸に分解して無害化するんですが、その中の一種であるALDH2をつくる遺伝子の型の違いが大きく関係しているんです。

こだわりアカデミー

酒に強いか弱いか、言い換えると、アセトアルデヒドを分解する能力が高いか低いかは、遺伝子レベルで決まっているんですね。

続きを読む
1 / 2

【募集中】茨城県北ローカルベンチャーラボ2019ー地域おこし協力隊の制度を活用した起業支援




関連記事一覧