大阪の夜景が一望できる兵庫県六甲山地の穴場「東お多福山」

東お多福山1

10月29日から30日にかけて六甲山地の「東お多福山」でテント泊をしてきました。

この山は六甲最高峰を目指すルートの中でも比較的マイナーで、あまり人の通らない山です。

しかし実はものすごく眺望がきれいで、私の中では六甲最高峰からの眺めより素敵なんじゃないかと思っているほど。

阪急芦屋川駅から2時間半ほどで行けてしまうので、わざわざテントで泊まらなくても、十分ハイキングが楽しめます。

山頂付近は樹木が茂っておらず、冬以外なら草原が広がっているので、歩くだけでもとても気持ちのいい場所です。

今回の目的はこの山から見る夜景。私がテントを張った場所からはちょうど大阪の夜景が一望できました(写真)。

場所を選べば神戸・三宮の夜景も眺められます。

山で食べる”おでん”、最高!

東お多福山2

「わざわざ泊まらなくても行ける山」なので、わざわざ泊まる人も少なく、静かなテント泊が楽しめました。

ちなみにこの日の晩御飯は「パックのおでん」「焼き餅」「焼きちくわ」「日本酒2合」。

バーナーと焼き網さえあればどこでも簡単に焼き物が食べられます!山で食べるおでんは最高でした。

アクセス

東お多福山[Google Map]

肖像画寄稿者: 鈴木直人
フリーライター。ファッションやサブカル、ビジネス、自己啓発など守備範囲は広い。筋トレと山をこよなく愛し、時には仕事そっちのけで山にこもる。ウェブとリアルをつなげるライティングが持ち味。

関連記事一覧