• HOME
  • MACHI LOG
  • 長野県
  • 来年秋にお目見え!長野県が生み出した一匹1キロの「信州大王イワナ」が楽しみ!

来年秋にお目見え!長野県が生み出した一匹1キロの「信州大王イワナ」が楽しみ!

shutterstock_177959678

水産業界で注目を集めた事例といえば、マグロの完全養殖に成功した「近代マグロ」が有名です。

この例に限らず、全国で新しい試みが行われ、新しいブランド作りに向けた動きが始まっています。

その中のひとつである、「信州大王イワナ」をご紹介します。

出荷は来年秋!新たなブランド化がスタート

shutterstock_160067165

信州大王イワナは、長野県の水産試験場が開発した大型の養殖魚のブランド名です。

現在では、県内の養殖業者が育てており、来年秋に出荷できる見込だと言います。

このイワナは、産卵をしない代わりに成長が早く大きく育つことを特徴とし、通常のイワナが約600グラムであることに対して、ふ化から3年程度で、重さは約1.1キロに達するという。

肉質が良く、脂もよくのっていると良い、刺し身でおいしく食べられるそうです。

来秋には約6トンの出荷を計画しており、県内の旅館や料亭に提供される見込です。

長野県のブランド魚のひとつにするべく、振興協議会の立ちあげや、プロモーションも展開予定。

地域に根ざした新ブランドの立ちあげという視点でも、他の地域にとっても要注目の試み。

来年の秋が楽しみになりますね。

【募集中】茨城県北ローカルベンチャーラボ2019ー地域おこし協力隊の制度を活用した起業支援




関連記事一覧