突風被害、秋田で12棟損壊。竜巻の可能性大

shutterstock_124239751

近頃、日本中で竜巻とみられる突風被害が増えています。

秋田県でも発生しました。

3日午後7時50分ごろ、秋田県美郷町浪花で突風が発生し、住宅4棟の屋根がはがれたり、壁が損壊したりしたほか、農作業用の小屋やハウスなど8棟が全壊、一部損壊した。けが人はなかった。秋田地方気象台は現地に調査員を派遣。被害が東西約2キロ、南北約1キロの範囲で帯状に分布していることなどから「竜巻の可能性が高い」と発表した。県総合防災課によると、建物以外にスギ十数本が倒れ、電柱3本が折れて午後9時35分ごろから62戸が停電した。約8時間後に復旧した。

□出典:毎日新聞

横手市でも、同時刻より少し前、かなりの暴風雨が15分ほど続きました。

TVでも、注意報や警報が頻繁に表示されていましたね。秋田でも、全く油断できません。気を付けましょう。

関連記事一覧