カワイイだけじゃない、秋田犬がスゴい7つの理由

高橋慶彦


MACHI LOG 東北編集長

shutterstock_77659297

秋田犬は、カワイイだけじゃない。

shutterstock_140337292

秋田犬は、秋田が誇れるスゴい存在です。

秋田犬がスゴい7つの理由

shutterstock_123216463

1:国の天然記念物

日本犬は、国の天然記念物に指定された六犬種だけで、新犬種が発生することはありません。

□出典:日本犬を飼いたい方へ(日本犬保存会)

日本犬種として国の天然記念物に指定され、現存しているのは「秋田犬・甲斐犬・紀州犬・柴犬・四国犬・北海道犬」の6種類のみ。しかも、秋田犬は唯一の大型犬種です。

2:祖先はマタギの相棒

古来秋田地方には秋田マタギ犬(熊猟犬)がおり、1868年以降は秋田マタギと土佐やマスティフとの交雑が行われ、より大型化したがスピッツタイプの特徴は失われた。

□出典:一般社団法人 ジャパンケネルクラブ(JKC)

秋田犬の祖先と言われる「秋田マタギ」は、その名の通り、マタギの相棒として狩猟をサポートしていました。その強い気質のため、闘犬としても人気があったそうです。

漫画・アニメ『銀牙 -流れ星 銀-』の主人公「銀」が秋田犬であることは、この歴史に由来しています。

3:世界が涙した忠犬ハチ公

飼い主亡き後も渋谷駅で主人を待ち続けた『忠犬ハチ公』。
あまりにも有名なその美談は、邦画『ハチ公物語』、ハリウッド映画『HACHI 約束の犬』のほか、多くの書籍などでも伝えられています。
ところで皆さんはご存知でしょうか?
ハチ公の生まれは、ここ大館市なんです。

□出典:忠犬ハチ公のふるさと 大館 – 秋田県大館市

主人に忠実なことで、秋田犬は有名。そして、それを象徴するのが、有名な『忠犬ハチ公』のストーリーですね。

忠犬ハチ公の生まれは、秋田県大館市。渋谷駅前にあるハチ公の銅像が有名ですが、大館駅前にもちゃんと銅像があるんですよ。

4:寒さに強い

被毛は二重構造で真っ直ぐな堅い被毛と、密に生えた柔らかい被毛で構成されます。

□出典:秋田犬の基礎知識(性格、毛色、選び方など) | ブリーダー直販による子犬販売ならペットの窓口

秋田犬は、体毛が下毛と上毛の二重構造になっており、寒さに強い犬種です。春に下毛が抜け、秋に下毛が生えるというサイクルを繰り返します。

5:番犬に良い

スピッツ系の特質を継承した秋田は、大胆で独立心が高く、少々頑固な面も持ち合わせている犬種です。飼い主のために忠誠を尽くし、家族をしっかりと守ってくれます。逆に、見知らぬ人や他の犬たちには非常に攻撃的になります。また、時々相手を圧倒するような威圧的な態度をとることがあります。

□出典:秋田 | 犬種図鑑 | 犬種大百科 | by アニマルプラネット

小さい頃から共に成長することで、秋田犬は家族の一員となります。そして、持って生まれた強さで、家族を守ってくれるでしょう。

6:外国人にも愛される

太平洋戦争開戦以前の1937年(昭和12年)7月頃、来日していたヘレン・ケラーが秋田を訪れ、秋田犬を所望した。翌月に彼女に贈られた「神風号」は、初めてアメリカに渡った秋田犬である。神風号はその後ジステンパーで死亡したが、1939年(昭和14年)7月、今度は神風号の兄犬である「剣山号」が贈られている。

□出典:秋田犬 – Wikipedia

あのヘレン・ケラーが、秋田を訪れた際、秋田犬に心惹かれました。時代や人種を問わず愛される秋田犬は、本当に魅力的です。

7:やっぱりカワイイ

色々スゴいところはあるけど、秋田犬の愛らしい表情。それを見た時の自然な感情、カワイイ。

最後に:秋田犬の魅力

秋田犬の魅力を最大限伝え、全国や世界の秋田犬ファンを秋田県に呼ぶことはできないでしょうか?

わんちゃんは家族。想いは、強いはず。

わざわざ、秋田まで来て貰えるような価値を提供できれば、不可能ではないと思います。秋田犬ファンの声を聞いてみましょう。

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!



ABOUTこの記事をかいた人

高橋慶彦

「東北の魅力を世界に伝える」を使命に活動中。MACHI LOG 東北編集長、広告代理店・東北プリントワールド株式会社と有限会社雄物川印刷の代表取締役。PR・販促支援で企業・官公庁の実績多数。