高橋慶彦


MACHI LOG 東北編集長

imoni

「なべっこ遠足」の話を秋田県民以外の方にしても、通じません。なんと、あの小学校生活における秋の一大イベントが他県では行われないのです。

いちお、東北エリアには、近いものもあります。有名なのが、山形県の「芋煮会」。山形県の小学校では、課外授業の一環として芋煮会を採用するところもあるようです。

でも、秋田の「なべっこ遠足」はちょっと違う。どう違うのかも含めて、県外出身者の方向けに説明しながら、秋田県民の方は懐かしい子供の頃の思い出を振り返ってみてください。

秋田の小学校、秋はなべっこ遠足

shutterstock_174979673

「なべっこ遠足」は、少人数のグループに分かれて屋外で料理をつくる、全学年・全児童参加の課外授業のことです。場所によっては、小学校だけでなく、幼稚園・保育園、小・中・高校でも行われます。

卒業式で、「みんなで〜した、○○」という「呼びかけ」をやりますよね? 秋田県南の小学校で行われる「呼びかけ」の秋のくだりは、大体、なべっこ遠足と稲刈りです。

それぐらい、秋田県民(少なくとも県南出身者)にとって、「なべっこ遠足」は思い出になる秋の一大イベントなのです。それと同時に、今振り返って考えると、「なべっこ遠足」は非常に優れた教育プログラムだったと感じます。

>> 子供たちだけで、役割分担と準備?

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!



ABOUTこの記事をかいた人

高橋慶彦

「東北の魅力を世界に伝える」を使命に活動中。MACHI LOG 東北編集長、広告代理店・東北プリントワールド株式会社と有限会社雄物川印刷の代表取締役。PR・販促支援で企業・官公庁の実績多数。