本来は入浴のときに身につけていた!? 日本の浴衣の歴史

MACHI LOG 編集部


地方のリアルを伝えるMACHI LOG

shutterstock_313813409

夏になるとお祭りや花火大会で浴衣を着て楽しむ人をたくさん見かけます。

夏ならでは、のイメージがある浴衣。歴史の中でどのように変化してきたのか、浴衣が生まれた平安時代からこれまでをまとめてみました。

初めは入浴時に身につけるものだった

浴衣が生まれたのは平安時代と言われています。

入浴時に身につける肌着として使われていた「湯帷子(ゆかたびら)」これが浴衣の始まりなんだそうです。

ちなみにこの頃の入浴はサウナのようなスタイル。“体を清める”といった宗教的な意味合いが一般的で寺院などに設置されていたようです。

江戸時代に広がりをみせた浴衣

肌着から着物へ

室町時代の終わり頃に“単純に入浴を楽しむ”という目的で作られた「湯屋」(お風呂屋さん)が登場します。

江戸時代に入るとこの湯屋の数も増え、入浴が庶民にも広がっていきました。浴衣は湯上がりに身につける着物としてその役割を変え、その後は外出時にも着られる着物となっていきました。

超人気・歌舞伎役者も浴衣人気を後押し

絶大な人気を誇っていた歌舞伎。役者に憧れ、ひいきの役者がまとった柄をまねて浴衣をつくる人が増えました。

超人気役者だった市川団十郎。愛用していた「構わぬ」を柄にした浴衣が流行りました。

着物よりはカジュアル、遊び心をくすぐった浴衣

色々な決まり事がある着物と違い、様々な柄で遊べる浴衣はおしゃれな江戸町民の間で広がりを見せました。

華やかなデザインも増え、また盆踊りや花火に揃いの浴衣を着て出かけることも流行したようです。

また、庶民の間では、手ぬぐいを縫い合わせてつくった浴衣も親しまれていたそうです。

江戸っ子の「粋」がうみだした凄い技術

江戸時代後期、絹などの贅沢な着物を身につけることを禁じた天保の改革で、町民の着物は綿!色は藍色だけ!とされた時期がありました。

これに対し、江戸の職人は持ち前の反骨精神で新たな藍染めの技法を生み出します。

この時生まれたのが「長板中形(ながいたちゅうがた)」。表にも裏にも全く同じ柄を染めるのですが、これを片面ずつ行うという大変難しい技術で、現在は重要無形文化財に指定されています。

夏定番として浴衣が定着したのは明治時代

明治時代に入ると、新たな染色技術も出て量産できるようになり、夏の外出時として定着したようです。この頃は紺や白地のものが主流だったそうです。

それから現在にかけて様々な柄や布地の浴衣がたくさんでてきます。最近では浴衣を基にした服、とも言えるような変わったものも多くなりました。

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!