驚異の動画再生数!外国人が、忍者になろうと修行している動画が面白い!

MACHI LOG 編集部


地方のリアルを伝えるMACHI LOG

世界から注目をあつめる日本の伝統文化。富士山が世界遺産に登録され、続いて和食も世界遺産に登録されました。

アニメ、ファッションのみならず、伝統工芸品や家電にいたるまで、クールジャパン現象が起こっています。

キャプチャ6

そんななか、ついに、忍者になろうと修行する外国人まで現れました。
ユーモアを交えながら、忍者になるためのレッスンを紹介しています。

キャプチャ5

忍者になるためには、脚力、視力、洞察力、記憶力、肺活量、歩法 などをマスターする必要があるといわれています。

キャプチャ7

忍者のイメージは、本当に人それぞれですね。こちらは、視力を鍛えるトレーニングでしょうか?はしで飛んでくるものをはさみます。おっと危ない、怪我に注意!

キャプチャ2

自宅を他人の家にみたてて侵入する、誰にも迷惑をかけないトレーニング。緊張感を感じるのは、私だけでしょうか?

キャプチャ

日本では、もう少し本格的なトレーニングを、伊賀流忍者博物館で体験できます。

忍者に変身し、手裏剣打ちしたり、現代に生きる最後の忍者とよばれる「川上仁一」氏の指導も受けられます。

まとめ:なぜ忍者が好きなのか?

どうして外国人に忍者が人気なのでしょうか。アニメ「NARUTO―ナルト」のおかげという人もいれば、RPGの原点といわれる「ウィザ―ドリィ」にキャラクタ―として忍者が登場したことがきっかけだという人もいます。

ショー・コスギ氏「燃えよニンジャ」により全米で忍者ブームがおこったことなどを理由だと考える人もいます。名刺に「Ninja」と書くIT関連の外国人までいるとか、いないとか。外国人に「忍者はいるのか?」と尋ねられ、「少なくなった」と答えると喜ぶとか、喜ばないとか。

忍者が好きな理由は人それぞれ。好きに理由はありません。
好きだから好き。日本の忍者は、国境を超え、世界を駆け巡っているのです。 

PR:参加者募集中!離島の若手漁師と朝どれ魚を食べて、漁師の仕事を体験する限定ツアー


島の魅力を伝えたい!

宮崎県の県北唯一の離島「島浦島(島野浦)」で、漁師と一緒に極上の魚をさばき、漁師文化を食べて、学んで、体験する1日だけの限定イベント「しまたび」を開催します。

養殖場に行き、エサやりと実際に魚を捕る体験。島の漁師と共に、魚さばき体験・料理体験。昼食は、新鮮な魚介を食します。みんなでBBQ!食事後は、特別に用意した釣り堀で魚釣りを体験。

2018年3月4日(日)に開催!
参加者をクラウドファンディングで募集中!



コメントを残す